ゴルフ シングル 初心者 ゴルフ何でも情報

クラブ選び 試打 コースラウンド レストラン ゴルフの事なら何でも書きます。

入るパターを作る!! パター改造 パートⅡ

前回の続きです!

 

私は、パターの仕様には並々ならぬこだわりが。。。

 

重量・バランス・グリップ形状・グリップの太さ

 

構えた時のライ角・ネックの入り方

 

これには納得いくまで調整をします。

 

最初にやるのが長さの調整

 

34インチを購入して33・5インチにカットします。

 

次にグリッ交換

 

昔はピンのグリップに下巻きテープを厚く巻いて

 

グリップを太くしていましたが

 

今は太いグリップが売っていますので

 

それに交換する様にしています。

 

挿し方はほんの少しウィークグリップ(開き気味)に挿しています。

 

 

私のお気に入り ゴルフプライド・ツアークラッシック 

このグリップだと下巻きは普通に巻けば

丁度良い太さになるので重宝しています

また形状も大好きでピストルグリップ型

ピンタイプをそのまま太くしたタイプです

 

今流行の太いグリップは材質も

握った感じも好きではありません。

今の所これが最高と自負しております(笑)

 

 

グリップ交換が終了すると次に重量ですが

 

これはバランスと大いに関係しますので

 

ヘッドに鉛を少しずつ貼って、ボールを転がし

 

自分が納得したところで重量とバランスを測ります

 

ヘッドに鉛を張ると見た目が悪いので

 

一度シャフトを抜いてシャフトの先端に鉛を入れ

 

同じバランスの状態にして再度転がしてみて

 

微調節をやってからシャフトを接着します

 

これは数値的なものより

 

感覚を大事にしています。

 

それから、ライ角、ロフト角等を

 

行きつけのショップで合わせてもらって完成です!

 

数値的な物より、見た目の感覚の方を重視していますので

 

重さやバランスもそのクラブを握った時の感覚を

 

重視してクラブを調節しております。。

 

 

これで大体終了ですが

 

時々少しロフトを増やしたり

 

アップライトにしたりと

 

気まぐれに、いじっています

 

皆さんも手に馴染む1本を作ってみてください

 

買ったままでは、自分に合うかどうかわかりませんよ

 

ま~~こんな風にいじったりしますので

 

軟鉄のヘッドが重宝します。

 

簡単に曲げることが可能ですから・・

 

 

 

 

最後に買ったバルドは真っ黒なので

 

自分でペイントしてみました。

 

f:id:oneputtkun:20190614090114j:plain

ソールにはバルドらしい色合いで・・

f:id:oneputtkun:20190614090158j:plain

フェース面のクローバーにモスグリーンを・・

f:id:oneputtkun:20190614090657p:plain

バックフェースの文字もモスグリーンで

白の2本線は元々は無いみたいですが

中古で購入したときには入っていました

前所有者の方が入れたのだと思いますが

真っすぐ転がりそうなイメージが湧くので

そのままにしています。

 

 

ちなみに全部中古で購入

なぜかパターは中古で買ってるな~~~??

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com