ゴルフ 初心者 シングル ゴルフ情報

素人なりに!素人の視点で!クラブ選びを・・ゴルフの事は何でも考えてみよう

ロングパットのライン

毎日パターの練習はやっていますが

 

ひたすら2m位を真っすぐに絨毯の上で転がしています。。。

 

しかし、ホームコースは馬鹿でかいグリーンなのです!

 

大体グリーンの全長が30mから40m

 

横幅もあまり変わらない、

 

30mのパターなんか良く打つ事があります。。。

 

競技にむけて、ロングパットが気に成って、気に成って・・

 

 

 

そんなわけで・・

 

17日は仕事でしたが、

 

丁度ホームコースの近くに営業に行ったものですから

 

パターとウェッジ3本だけ持って、(ボール10個も)

 

2時間ほどパターとウェッジと練習をしてきました。

 

練習内容

 

1:ロングパットのライン出し

 

2:上り下りのアプローチのボールの転がり

 

3:バンカーの距離感

 

以上の3つを気にしながら練習してきました。

 

1:ロングパットのライン出し

  これは、自分が真っすぐに打っているつもりでしたが

  どうしても右に出てしまっている事に気付きました。

  30歩位先のカップをめがけてボールを転がすと

  必ず50cm~1m位右にボールが転がります。

  アドレスをして、1m前にティーを2本差して

  その間を通す練習をしました。

  ボールの位置とスタンスを修正

  可成り改善されました。

  やはりショートパットの時よりも少しだけ

  ボールの出だしが右に出ていることに気付きました!

  強くストロークすると少し右にヘッドが出ているみたいです。

 

f:id:oneputtkun:20180920130823p:plain

2:上り下りのアプローチのボールの転がり

  アプローチ練習場のグリーンは可成り傾斜がきついので

  上りと下りの転がりとスピンの掛かり具合をチェック!

  上りの時は意外にロフト(50度)が立っているクラブでも、

  良く止まります

  逆に下りのアプローチはボールを上げた時と

  低く出した時の転がりがかなり違います

  改めて認識させられました。

  今までイマイチ寄せ切れていなかったのは

  これが解っていなかったのかも???

  上りはショートすることが多かったので少しだけ

  強く打つように心掛けるようにします。

  下りはイメージを膨らませてスピードに注意して

  ラインに乗せるように、頑張ります!

f:id:oneputtkun:20180920130949p:plain

3:バンカーの距離感

  54度と58度をバンカーで使用しますので

  どれくらい転がり、キャリーが違うのかを

  交互に打って確認しました、

  なんとなく感覚がつかめてきた感じです。。。

  ピン近くまでキャリーで打ちたい時は

  やはり58度(15mがマックスかな?)

  足を使いたい時は54度

  落下地点からカップまでが下りの場合は58度

  上りの場合は54度と使用用途が明確に成りつつあります。

  後少し練習をして見極めをはっきりして

  迷うことなくクラブを自然に選べるようにします。・ 

  迷うと、、、ろくなことはありませんから・・・

  今までが56度1本やりだったので

  早く2本の癖を見極めてリカバリーを上げたいと思います。

 

ããã³ã«ã¼ç·´ç¿å ´ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

 

  

練習に勝る、自信は無し!!

最近少し上向きです!

 

取り組み

 

1:トップを少しコンパクトにする

2:右の脇を締める

3:アドレスで作った3角形の腕の形を体の前から動かさない

4:アプローチは絶対に手首を使わない

5:パターは上半身だけで打つ

 

以上の5つを今の課題として取り組み始めて

早4カ月!ここに来て少し成果が出てきました。

 

1:トップを少しコンパクトにする

 ボールが暴れていたので、ほんの少しトップをコンパクトにして

 身体の回転で打つ事を意識する

 これは、素振り兎に角シャドウスイング

 素振りだけ、ボールを打たない

 ボールを打つとどうしても飛ばそうとしてしまう為

 兎に角ひたすら素振り・素振り

 軽いもので早いスイング

 重たいものでゆっくりなスイング

 兎に角素振り

 

2:右の脇を締める

 これは上記の1:行う際に一番気を付けている事

 あとはトップに向かう時右の膝を絶対に伸ばさない

 頭を上下させない

 

3:アドレスで作った3角形の腕の形を体の前から動かさない

 アドレスで作った腕の3角形を壊さないでトップまで

 身体の側面より必ず前に腕があるようにトップまで持って行く

 決して身体の側面より後ろに腕肘が行かない様に注意する

 

4:アプローチは絶対に手首を使わない

 これは今まで何度も書いてきましたが

 手首は固定してアプローチをする

 これで20y以内を徹底的に練習

 

5:パターは上半身だけで打つ

 アドレスで作った腕の形をそのまま

 肩の回転だけでパターを打つ

 決して手首で捏ねない(腕も振らない)

 ストロークを気持ちよく

 下半身は動かさない、しかし

 動かさないと意識すると変に力が入るので

 下半身の意識を消して腰より上だけを意識して打つ

 下半身は不動

 肩の回転(どちらかと言うと上下運動)

 首の後ろを中心にして

 テークバックでは右肩を上に

 ダウンスイングでは右肩を下に戻し

 それと同時に左肩を上にあげる

 このイメージを徹底的に練習しました。

 

以上の事をここ3~4カ月実行してきました。

その間練習場に行ったのはラウンド前の練習場だけ

30球程度を打つだけで、あとはひたすら素振り

アプローチは家の庭で20m以内を徹底的に!

アプローチの後に素振りをやりました。

雨以外はほぼ毎日頑張りました

パターは家の中で・・

絨毯の上で2mを転がす練習

 

 

成果

 

1:トップを少しコンパクトにする

2:右の脇を締める

 この二つはボールの散らばりがかなり改善されたと思う

 最初は少しぎこちなかったのですが素振りで固めて

 ミート率も上がったので距離も戻りました

 

3:アドレスで作った3角形の腕の形を体の前から動かさない

  これは常に体の全面でクラブを振ると言うイメージ

  決して体の後ろからクラブを降ろさない

  球筋が安定して、ダフリ・トップが少なくなって

  ボールコンタクトが上手くできるようになった

 

4:アプローチは絶対に手首を使わない

  これは一番練習したと思う

  今まではライが悪かったり

  逆目のラフだったり

  又は一番簡単に思える花道らかのアプローチで

  時折失敗していましたが

  手首を使わないで腕の振り・肩の回転だけで打つ

  これに徹したおかげで、格段に寄せワンの回数が増えました

  あとは右手をベースボールグリップにして

  左手を逆オーバーラッピングで

  グリップをする様になって

  特に小さいロブが打ちやすくなりました。

 

5:パターは上半身だけで打つ

  ラインに乗りやすくなった

  ショートパットを強く打てるよになった

  ロングパットのラインが出やすい

  ショートとオーバーの誤差が格段に少なく成りました。

  ここ4回のパット数は29.27.36.33

  36パットの時はパーオン率が70%あったので仕方ないかな?

 

実際コースでは、もしかしたら右のOBが??とか

このライはひょっとしたらダフルのでは??とか

ふと、過ったりしますがそんな時こそ

いやいや、あれだけアプローチの練習したのだから

あれだけ素振りでスイングを固めたのだからっと

練習は裏切らないっと思えるように成ってきました。

言い聞かせると言うより、

自分で納得して、いつもの様にやる

練習では100%近くで出来ているから大丈夫!

と自然に打てるように成ってきました。

 

 

まだまだ少し安定性に欠けるので、

しっかり素振り!!!!

しっかり練習!!!

 

今週末の競技は頑張りたいと思います。

練習の成果が少し出始めた!! 収支とスコア

練習の成果が少し出始めました!

 

ここ4回のスコアが

 

77 78 75 72

 

昔の全盛期に近い数字に成ってきました!

 

今年の平均が80ジャスト!!!

 

あと1回70台が出ると

 

念願の70台に突入します。

 

2018年

 

スコア分析

 

ラウンド数   31回    ( )無いは目標

 

平均スコア   80ジャスト(70台)

 

パーオン率   47.49%(60%以上)

ボギーオン率  43.01%(30%)

平均パット   1.8    (1・7台)

パーオン時   2.0パット (2を切る)

イーグル    0      (1個で良い)

バディー    5.73%  (11%)

パー      54.3%  (70%)

ボギー     32.08% (25%以下)

Dボギー    6.09%   (3%以下)

Tボギー以上  1.79%   (0・5%以下)

 

パー3平均   3.29    (3に近づける)

パー4平均   4.54    (4・2)

パー5平均   5.36    (5を切る)

リカバリー   34.47%  (50%)

FWキープ率   40.8%   (60%)

ガードバンカー  31.11%  (50%)

 

実質ラウンドは29ラウンド(ハーフも1回換算)

 

 

 

 

さて、昨日迄の収支は

 

昨日がプレーフィー8600円

 

合計386169円

 

握り2600円勝ち

 

握りトータル 

 

¥15000円プラス

 

次回は練習の方法と結果報告

 

 

 

香妻 琴乃 プロ

 

優勝おめでとう!

 

いや~~15番からは眼が離せませんでしたね!

 

貴重な経験これからが楽しみです!

 

 

 

 

一気に秋に突入しましたね!

ゴルフのシーズンに成りました!

 

去年の9月の方が暑かったと記憶しています

 

一昨年も暑かったですね

 

ゴルフをやると少し汗がにじむくらいなので

 

今年の方が随分と過ごしやすいので

 

良いスコアを期待します・・が・・

 

これが中々上手く行かない(笑)

 

さて、来週の日曜日がクラブ競技の予選があるので

 

頑張って予選通過だけは成し遂げたい。。。

 

新しいクラブとシャフトの買い替えは

 

予選が終わってからゆっくりと選択したいと思います。

 

アプローチのグリップ変更がやっとシックリきています

 

あとは何ヤード迄右手ベースボールグリップで打つのか

 

何ヤード以上の時がインターロッキングにするのか

 

これで少し悩んでいます。

f:id:oneputtkun:20180725164410p:plain

f:id:oneputtkun:20180725164818p:plain


今の所、体が自然に反応した方で握っていますが

 

大体30y辺りが境に成っています。。。。

 

さて残り1週間!練習!練習!!!!

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

シャフト選び そのⅡ

ワンランク柔らかいシャフト選び

 

ん~~~難航してます!

 

不思議なもんで、選択肢が余りに多くて

 

選びきれていません!

 

クラブメーカーで指定されているシャフト

 

シャフトメーカーのシャフト

 

同じSシャフトでも他の物と比較すると

 

Rと同じくらい柔らかかったり

 

R表示なのに他のSよりも硬かったりと

 

数字に惑わされることなく

 

自分に合ったシャフトを探します!

 

 

試打を繰り返し

 

暗中模索状態(ちと大げさ)

 

 

今回のシャフトを選ぶ基準

 

タイミングよく振れる

 

重量は60以下(現在64g)

 

先調子・中調子(現在先中調子)

 

元調子はどうも私は無理みたい

 

癖が無くしなやかさがある

 

トルクは少なめ4以下位

 

見た目はこの際どうでもいいです!

 

兎に角無理なくスムーズに振れるシャフト

 

 

まだまだ、難航しそうです!!!!

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

 

 

スリクソン Z585 Z785 試打 

スリクソン Z585とZ785を打ってみました。

 

 

Z585 シャフト MIYAZAKI MAHANA S

 

シャフト重量51.5g トルク 5.0

 

ロフト10.5 長さ45.25

 

ヘッド体積460cc

 

クラブ総重量 302g バランスD2

 

アドレス時の見た目(構えた感じ)は

 

一言で言えば捕まるぞ!!!!って感じです。

 

可成りアップライトに見えます!

 

しかし、ライ角は58度に成っていますので

 

今のクラブであればこんなもんだろうと思います

 

ヘッドが面長三角形の形をしています。

 

クラウン部にカーボンがそのままうっすらと見えます

 

此方は、好みの問題ですね!

 

黒一色が良いと言う人、カーボンが見えてカッコイイと言う人

 

意見が分かれるかもですね。。。

 

これはZ785も同じです!

 

軽く何球が打ってみました。

 

やはり見た目通りに捕まります。

 

ボール軌道は左に出ています。

 

何球か打ってみましたが元々ドロー私には

 

捕まり過ぎるのかも・・・

 

H/Sを40位でミートだけを心掛けて打ってみました

 

これで真っすぐに飛んでいきます

 

ボールも良く上がります。

 

バックスピンは2200~2500rpm位です。

 

飛距離は210~220y位(キャリー)

 

打感は良い感じの弾きですね!!!

 

捕まりの悪い方には強い味方に成りそうですね

 

 

 

次にZ785の試打です。

 

シャフト MIYAZKI MIZU 6 Sシャフト

 

シャフト重量 56.5g トルク 4.0

 

中調子 綺麗な水色です!

 

ヘッドは少し三角形が強い感じの丸みのあるヘッドです

 

Z585よりも一回り位こじんまりしています。

 

後ろが少しだけ出っ張っている形でおにぎりみたいです。

 

此方はアップライトではありません!

 

標準的なライ角に見えます

 

しかしカタログ上、ライ角は58度に成っています。

 

585と785と同じライ角に成っていますが

 

ホントかいな????っていうくらい違います!

 

585の方が遥かにアップライトに感じます。

 

785は今のクラブの標準と言った感じですね!!

 

個人的にはこちらの方が構えやすいです。

 

打ってみましたが、やはりこちらの方が

 

今使っているものにスペックが近いからだと思いますが

 

打ちやすかったですね

 

H/Sを42位で打ってみました。

 

バックスピンは1800から2400辺りです。

 

2000~2200辺りが一番飛んでいました。

 

230y位飛んでいました。

 

今日は体調が思わしくなく少しゆっくり振ってみましたが

 

それでも230yキャリーは飛んでますね

 

元気のいい時であれば240位行きそうですね

 

こちらのシャフトはしっかりしていますが

 

そんなに難しいと言うシャフトではないと思います。

 

ボールも良く上がりますし、しなりを感じて振っていけます

 

ドロ~~ンとした、弓なりで飛んでいるみたいです。

 

 

Z585

 

ボールを捕まえたい人

楽にボールを上げたい人

操作せずに真っすぐにド~~ンと打ちたい人

 

Z785

 

左へ行くのが嫌な人

少しは操作したい人

ヘッドスピードが少し早い人

 

ゼクシオはまだまだ早いと思われている方

あと少しアスリート版を使いたい

そんな方がZ585を使われたら良いと思いました

 

Z785はシャフトを慎重に選んで

H/S40位の人から使えそうだと思います

やはり少し小ぶりで、精悍な顔つきの

アスリートモデル信者の方はZ785がおすす目です

決して難しいクラブではないと思いますので

しっかりシャフト選んで自分に合った1本を

チョイスすれば飛距離アップ間違いなしですね。

此方はプロが好んで使いそうですね

松山君は使ってくれるでしょうか???

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

タイトリスト TS2 TS3 ドライバー試打

タイトリストの新しいドライバーが9月末に発売に成ります

 

発売に先駆けて、大手量販店では試打が出来るので

 

早々に行ってきました。

 

いつもの担当者が・・

 

来ましたよ!タイトのドライバーって、、

 

笑顔で・・お出迎え・・・

 

じゃ~~打たせて・・と言う事で・・・

 

今回の試打クラブは

 

タイトリスト TS2 TS3 ドライバー

 

シャフトはタイトリスト純正KUROKAGE 50 S 

TS2に装着すると総重量が302gです

 

タイトリスト純正のツアーAD 60 S

TS3に装着すると総重量が312gです

 

TS2とTS3の大きな違い

TS2にはSUREFIT機能が付いていません

TS3には従来通りSUREFIT機能が付いています。

 

共に10・5度を試打

 

シャフトとヘッドを入れ替えて打ってみました

ただし、クロカゲはTS3には設定がありません!

逆にTS2にはツアーAD60の設定はありません!

勝手に入れ替えて打ってみましたので

お間違えの無い様に・・

詳しくはHPで確認してください

 

 

 

TS2・TS3 | ドライバー|ゴルフクラブ|Titleist|タイトリスト 日本公式サイト

 

 

 

TS2に クロカゲ 50S 

45.5インチ 302g

 

 

TS2をアドレスした見た目は 前作の917 D2系ですね

前作D2と比較して、

色も前作のガンメタから、クロに戻りました!

精悍な感じです、やはり黒の方が引き締まって見えますね

構えた感じはD2よりも違和感がありません

べた~~っとした感じではなく少し丸みを帯びた

シャローフェースでヘッド後方が薄くなっています。

前作のD2が苦手な人もTS2なら気に成らないかも

少しVG3感が漂っていると言う方がいるやもしれませんね

座りは良いですね、ポンと置いた時に綺麗にストレートに落ち着いて

フェース面が合わせやすく、上手く打てそうな感じがします。

フェース面がストレートでバルジは殆どありません

 

何度か素振りの後に打ってみました。

 

第一印象はシャフトが柔らかいと感じましたが

インパクトはしっかりしています。

良く弾いてくれる感じがします

そして、一番良いのは音です!(打感)

これは前作の917は、D2・D3両方とも少し硬めの音でしたが

このTS2は、少し軟らかいボコっという感じの音です。

この音は(打感)は今までのタイトリストには無かったですね

大変好きなフィーリングです!!!

 

飛距離は申し分ありません!

初速も出ています!

 

ヘッドスピードは43~44m/s位での数値です。

 

自分の917よりはキャリーで10y

ランを入れると15~20y飛んでいます!

少し甘いと思いますが・・・

自分のクラブを同じ計測器で計った時には

キャリーが230yでしたが

今回は240yと約10y余計にキャリーが出ていました。

ボールも上がり易くドローとフェードと言った感じではなく

ストレート系の高いボールで飛んでいきます。

 

元々少しドロー系の私のボールは戻ることなく少し右にでて、

そのまま、真っすぐに飛んでいきます。

右に10m位吹けた感じです

少し捕まえに行ってみると真っすぐにでて、

そのまま

ま~~直ぐに放物線を描いて飛んでいきます。

いまのクラブ(D3)だと少しはドローするのかなと

思うくらい振ってみると、

少し左に真っすぐ飛んでいくと言う感じですね。。

曲げ難いと言うか、曲がらないですね!

僅かにドローするイメージ位でほぼストレートです。

今使っているスピーダー661Ⅳ S と比較すると

明らかに軽いし柔らかいのでヘッドスピード40辺りでも

十分に扱えるクラブだと思います

タイトリストは少し難しいと思う方でも

TS2と50g台のシャフトであれば全く問題なく

振ることが出来ると思いますよ。。。

 

時々右に行きすぎる事がありましたが

自分のクラブより可成り柔らかいので

インパクトでフェースが開いたまま当たっていたのだと思います

特にクロカゲが柔らかかったのでそのような結果になったのだと思います

軽く振ると綺麗な弾道で220~230yの表示が出ていました

H/Sは40~42位の時が一番打ちやすかったです。

 

 

 シャフトは50g台で今の自分のよりも10gほど軽いので

大変振り易く感じます、程よくしなり、癖も無く

ヘッドスピード45以下の方であれば心地よく振れる

そんなシャフトの様な気がします。

 

ヘッドスピードが45以下の方でも叩きに行くようなスイングの方は

このシャフトは少し頼りなく感じてしまうかもしれません。

45以上の方はカスタムシャフトがお勧めになると思います

 

 

 

TS3 ツアーAD 60 S シャフト

10・5度

 

此方は今までのD3の後継と言う事に成ると思いますが

ヘッド体積が460ccとT2と同じ大きさになっています

フェースが厚く少しディープフェースですが

917D3と比べると少しシャローフェースのようです。

 

少し丸い感じがTS2と違う所ですね。

打ってみると明らかに違うのがインパクトの音(打感)ですね!

TS2と比較すると少し硬い感じがします。

前作のD2/D3に近い少し硬い感じの音がします

ただし前作よりは柔らかな優しい音だと思います。

飛距離はTS2とほぼ変わりません

打ちやすいです!シャフトだと思います

此方のシャフトの方が私的には良かったです

クロカゲよりも今使っている物に似ているからだろうと思います

此方は少し球をいじれる感じがしますが

鳥かごの中では、大した違いは分からなかったのが

正直なところです!

 

今回一番違う所は❓??っと効かれたら

インパクトの音!!!っと答えると思います。

これはシャフトを入れ替えても音は変わりませんでしたので

やはりヘッドの味付けが全く違うと言う事だと思います。

 

顔はTS3の方が好きなのですが

 

打った感じのフィーリングはTS2の方が好きでした

 

ここは意見が分かれる所だと思います。

 

見た目を取るか、打感をを取るか!

 

TS3の見た目でTS2の打感だと最高に良いのですが(笑)

 

無い物ねだりになってしまいます。

 

TS3はボールをプロV1の様に柔らかいもので打てば

 

良いと思いますが、ディスタンス系のボールは可成り硬く

 

感じられると思います。

 

 

今回の試打で良かったと思うのは

 

ヘッドはTS2

 

シャフトは ツアーAD 60S

 

今の自分のクラブより10g軽くなり

 

0・25インチ長くなります。

 

この仕様が一番良かったのですが

 

これは設定が無いのですよね~~(笑)

 

247yを記録したのは上記のスペックの時でした

 

 

 今回は2つのヘッド(TS2/3)と

2つのシャフト クロカゲ   ツアーAD60

共にタイトリスト純正シャフトを打たせてもらいましたが

917に比べると随分打ちやすくなっていると思いました。

 

シャフトを入れ替えて打ってみましたが

キッチリ当たった時は飛距離はほぼ一緒でした

240y位です(キャリー)H/S43~44

後は打ちやすさを重視した方が良い様に思います。

見た目も大事ですから、あとは実際構えて

カッコイイと思われるものを選ぶか

機能重視・優しさ重視・1yでも飛ぶ事を重視

振り易さ・球の上がり易さ・

個人の好みの問題ですね

 

TS2 

曲がらず真っすぐ

構えやすいフェースが自然にターゲットに

ボールが上がり易い

緩やかな放物線を描いてました

何と言っても打感が最高

V1x・スリクソンXVでも十分柔らかく感じると思います

 

 

 

TS3

操作性が良い(と言ってもあまり曲がらないと思う)

シャープなイメージ

構えやすい

ボールが上がり易い

柔らかい打感を好むなら

(V1・Zスター)辺りにすると良いと思う。

SUREFIT機能で球筋を調節できる

(打ち分けするよりこの機能で球筋変えた方が得策です)

あとは、TS2同様に打って行けば芯を食った時には

此方の方が飛ぶかもです!

 

シャフトも沢山あるので、暫く試打できるので

楽しみが増えました。

 

後日違うシャフトも試してみます。

 

golfclub-putter.hatenablog.com