ゴルフ 初心者 シングル ゴルフ情報

素人なりに!素人の視点で!クラブ選びを・・ゴルフの事は何でも考えてみよう

今アベレージゴルファー に戻ったら、どうやってシングルを目指すか パター編2

アドレスとパターの長さについて

 

前回書きましたが・・・

 

今回は練習のやり方、打ち方について書いてみます

 

目標はシングルですから

 

ショートパットは外すことが出来ません

 

3パットは極力避けなければいけません

 

 

家で練習する時は2mを絶対に外さない様

 

パターマットが無ければ絨毯の上でも構わないと思いますが

 

比較的良く転がる絨毯で練習してください。

 

パターマットみたいな穴のカップが無いなら、

 

ビールの缶とかコップを置いて

 

それに当るように練習をします。

 

目標に平行にアドレスしたら、

 

前回指摘したアドレスをチェックして、

 

左右の足(ひざ)・尾てい骨・ベルトのループ(真後ろ)

 

頭・首の付け根・これらを絶対に動かさない様に

 

パターの練習をしてみてください。

 

 

一番最初に動画を撮ってください

 

右 左・正面・真後ろから撮ってください

 

それをまず見てください

 

最初の一回目で頑張って動かさない様に気を付けていても

 

まず殆どの方がどこかしら動いていると思います。

 

多分右膝・ベルトループ(真後ろ)が良く動くと思います

 

これを絶対に動かない様に頑張って下さい

 

ストロークでテークバックの時は

 

右肩を上にあげるイメージ、ショットの時みたいに

 

右後ろに引かない様に!!!

 

肩の位置から真上に上がるイメージ

 

インパクト以降は左肩が真上に上がるイメージ

 

これを意識して2mを絶対に外さ無い様に

 

間違ってもテークバックして、ボールを打ちに行くとき

 

右肩が前に出ない様にして下さい

 

これがヒッカケの一番の原因に成ります。

 

左右の脇の下にパターカバーを挟んで

(2個入りますけどね・・タオルでも良いですよ)

ストローク中にパターカバーに

 

常に同じように圧力が掛かる様に

 

挟み込んでパターをして下さい

 

腕の余計な動きが無くなるはずです!!

 

家のマットの上では100%カップインしないと

 

コースでは70~80%しか入らないと思います。

 

長時間しなくても毎日20~30球位やると

 

絶対に上手くなります

 

因みに私は毎日50度のウェッジとパターで50球ほど

 

絨毯の上で転がしてから寝るようにしています。

(飲み過ぎた時は忘れて寝ますけどね)(笑)

 

注意点

 

膝を動かさない

 

ストロークする時に右肩を前に出さない

 

首の付け根を動かさない

 

ヒットした後、手首を絶対におらない

 

肘より先(手先)を使わない

 

グリップを強く握り過ぎない

 

 

改善方法

 

膝と膝の間にボールを挟む(小さなビーチボール等)

 

脇の下にパターカバー・タオルなどを挟む

 

壁に向かってアドレスして頭を壁に付けたままストロークする

 

少し(心持)

内またにしてみる

 

次回は練習グリーン スタート前の練習 注意点です!

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com