ゴルフ 初心者 シングル ゴルフ情報

素人なりに!素人の視点で!クラブ選びを・・ゴルフの事は何でも考えてみよう

今アベレージゴルファー に戻ったら、どうやってシングルを目指すか パター編3

今回は、コースの練習グリーンで巧くなる!

 

これをテーマに書いてみます。

 

f:id:oneputtkun:20180616083129p:plain

 

過去2回書いたアドレス(構え方) ストローク(パターの動かし方)

 

これを元に、シングル目指してパターの練習をやってみましょう!

 

まず出来るだけ、平らなストレートなラインを見つけて

 

膝をロックして、無駄な動きを無くして

 

気持ちよくストロークしてみてください。

(ボールは3個くらい用意してください)

 

決してパチンと打たない事

 

スムーズなストローク 私の場合は10歩位です

 

次に逆方向から同じように打って歩数を測ります

 

ま~大体10歩前後逆目なら9歩・順目なら11歩位??

 

これをその日の基準とします。

(8歩でも12m歩でもあなたの気持ちいストロークの距離)

 

それからしばらくはその距離を打って距離感を掴みます

 

大体の距離感を掴んだら、

 

グリーンの一番端から、一番遠いカップ

 

次に一番近いカップ 次に真ん中のカップ

 

と3個ボールを打ってみます

 

その時に、決して2個続けて打たない事

 

また、一回一回ボールの後ろに立って

 

素振りをしてからアドレスに入る

 

アドレスに入って目標を確認して、ボールを見たら

 

3秒以内に打つ!

 

この時に同じ距離を2度は打たない

 

違うカップをめがけて1球1球転がして

 

見た目の距離感を養ってください!

 

何度か繰り返しグリーンの速さを掴んでください

 

スタート寸前、最後には1m位の絶対に入る距離で

 

5球位続けてカップインをやってから

 

カップインするイメージを持ったままスタートしてください

 

この手順を暫続けて見てください。。。

 

 

 

 

ラウンド終了後若しくはパターの練習だけやる場合は

 

自分が不得意とする、ラインの練習は欠かせないと思います

 

私は、スライス大好き!フック大嫌い人間ですので

 

フックの練習を良くやりました。

 

それでも未だにスライスの方が得ですけど・・・

 

しかし、昔に比べるとかなりフックラインは上手くなったと思います

 

スライスラインはス~~ト、フックラインは気持ちポンッと

 

ラインに乗せるイメージで打つようにしています。

 

ストレートラインでも、フックラインでも、スライスラインでも

 

同じことが一つあります

 

それは、ストロークはストレートに打つしか無い!

 

後は傾斜と芝目がボールを曲げるのですが

 

パターの時は決してフックに打ったり、

 

スライスに打ったりはしないと言う事です

 

ストレート!真っすぐに打ち出す!!と言う事です。

 

テークバックの20cm~30cmは必ず真っすぐに

 

ヘッドを引くように意識しています。

 

 

 

注意点

 

膝を動かさない

 

ストロークする時に右肩を前に出さない

 

首の付け根を動かさない

 

ヒットした後、手首を絶対におらない

 

肘より先(手先)を使わない

 

グリップを強く握り過ぎない

 

 

改善方法

 

膝と膝の間にボールを挟む(小さなビーチボール等)

 

脇の下にパターカバー・タオルなどを挟む

 

壁に向かってアドレスして頭を壁に付けたままストロークする

 

少し(心持)

内またにしてみる

 

 

 

壁に頭を付けて壁ギリギリにパターをセットして

 

ストロークの練習これもかなりやりました。

 

これをやると頭が動かないので

 

動かない感覚がつかみやすいです!

 

 

 

では次回はアプローチについてです!

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com

 

 

golfclub-putter.hatenablog.com